【POG 2023~2024】イスパニダの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

寒くなってきましたねぇ~。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

迫る年末、2022年のG1シーズンもいよいよ佳境に入ってきましたねぇ~

POG(2023-2024)シーズンの注目馬を掲載していきます!!

①イスパニダの2021

父、ドゥラメンテ。母は、イスパニダです。イスパニダの2021(馬名:エリザベスバローズ)は、牝馬になります。

栗東の杉山晴紀厩舎に所属予定です。馬主は、バローズの冠名でおなじみの猪熊広次さん。

イスパニダの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

エリザベスバローズ (Elizabeth Barows) | 競走馬データ - netkeiba
エリザベスバローズ(ElizabethBarows)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ドゥラメンテ)について

父が、キングカメハメハ。母は、アドマイヤグルーヴです。言わずもがな、母アドマイヤグルーヴのお母さんは、名牝エアグルーヴにも繋がっている血統ですね。競馬を少し知っている人なら、日本競馬の結晶ともいえるでしょう!

恐らく、ドゥラメンテが亡くなったのもあり、これが最後の産駒になる年だったと思います。

2016年の宝塚記念を最後に怪我が原因で、引退したドゥラメンテ。

それがなかったら、凱旋門賞とかBCとか世界的な名レースに出走していたのかなぁとも思います。

残念な結果にはなりましたが、2022年の凱旋門賞には子供のタイトルホルダーが出走しました。

ドゥラメンテ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ドゥラメンテ (Duramente) | 競走馬データ - netkeiba.com
ドゥラメンテ(Duramente)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(イスパニダ)について

父、Pure Prize。母は、Historiaです。ざっくりいうと、イタリア血統になります。

イスパニダが現役競走馬の時は、亜1000ギニー(G1)の勝利などヨーロッパでは実績のあるお馬さんです。

イスパニダの2021(馬名:エリザベスバローズ)は、2番仔になります。

イスパニダ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

イスパニダ (Hispanidad) | 競走馬データ - netkeiba
イスパニダ(Hispanidad)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

ディープインパクト産駒の半兄コリエンテスは、POG(2021~2022)シーズンが始まる時にはかなり話題になったお馬さんですね。

今回はルーラーシップ産駒になって、距離適性は芝の2000mくらいが良さそうな感じに思えます。POG的には半兄のコリエンテスと比較すると、落ち着いた人気にはなると思いますが猪熊オーナーといえば、ロジャーバローズで日本ダービー制覇もありますし期待はありそう。

POG(2023~2024)シーズンが終わる頃に、そういえばイスパニダの2021が活躍した時にあの時に注目されたコリエンテスの半妹じゃん!?と思う時がありそうな。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました