【POG 2023~2024】インフレキシビリティの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新年も明けてしばらく経つけど、春の訪れがもう少しで来るね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①インフレキシビリティの2021

父、ロードカナロア。母は、インフレキシビリティです。インフレキシビリティの2021は、牡馬になります。

栗東の西村真幸厩舎に所属予定です。馬主は、社台レースホース。

インフレキシビリティの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

モアリジット (More Rigid) | 競走馬データ - netkeiba
モアリジット(MoreRigid)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ロードカナロア)について

父、キングカメハメハ。母は、レディブラッサムです。

ロードカナロアが現役競走馬の時には、香港スプリント2連覇などG16勝した名馬。

子供達にはアーモンドアイやステルヴィオなどいますね。最近ではドバイターフを勝利したパンサラッサもロードカナロア産駒ですよね。

面白いのは総賞金ランキングトップ20でロードカナロア産駒の競走馬、8頭が栗東所属の安田隆行厩舎なんだね。POG視点だけど、安田隆行厩舎所属のロードカナロア産駒は注目してしまいますよね。

ロードカナロア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ロードカナロア (Lord Kanaloa) | 競走馬データ - netkeiba.com
ロードカナロア(LordKanaloa)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ロードカナロア(記事)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

【POG】ロードカナロア産駒~活躍馬に法則なんてあるのかな!?~
「【POG】ロードカナロア産駒~活躍馬に法則なんてあるのかな!?~」、ロードカナロア産駒について調査してみました。簡単な個人的見解と今後のPOGや馬券購入にお役に立てるかもしれない情報も掲載しているかもしれません。良かったら覗いてまし~。

③母(インフレキシビリティ)について

父、Scat Daddy。母は、Halo’s Verseです。

ざっくりいうと、カナダとかアメリカの血統になるのかな。

母のHalo’s Verseは父は、Unbridled’s Songと日本でなじみのある血統になるんだな。

かなり日本の種牡馬と相性の良さそうな血が混じっているインフレキシビリティです。

インフレキシビリティの2021は、初仔になります。

インフレキシビリティ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

インフレキシビリティ (Inflexibility) | 競走馬データ - netkeiba
インフレキシビリティ(Inflexibility)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

netkeibaのコメント欄を拝見すると、順調に調整が進んでいるようで早期デビューもありそうな感じがありますね。馬体も500kg前後はありそうな感じですね。これ以上は増えないでほしいですが、馬体重はないよりあった方が、競馬を使っていく上では大切な事だと思います。

距離適性的には芝の2000m前後が良さそうな感じにみえますね。栗東の西村真幸厩舎は、早期デビューも多いイメージがあるのでPOG関連の新聞が販売される頃の情報には注目してほしいと思います。今年もファントムシーフが牡馬クラシックにいきそうな感じがあるので要注目の厩舎だと思います。来週の共同通信杯は、頑張ってほしいですね!

馬主の社台レースホースも今年はソールオリエンスがクラシックに行きそうなので、かつての勢いを取り戻した感じがあるので楽しみですね!それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました