【POG 2023~2024】エスキモーキセスの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れがもうすぐそこまで来ているね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!

①エスキモーキセスの2021

父、ハーツクライ。母は、エスキモーキセスです。エスキモーキセスの2021は、牡馬になります。

栗東の友道厩舎に所属予定です。馬主は、社台レースホース。

エスキモーキセスの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ベトルス (Bettles) | 競走馬データ - netkeiba.com
ベトルス(Bettles)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ハーツクライ)について

父はサンデーサイレンス。母はアイリッシュダンスです。母方の近親には2018年のフェブラリーSを制覇したノンコノユメなどがいますね。

ハーツクライが現役競走馬の時は、2005年の有馬記念で当時、無敗の3冠馬でだったディープインパクト破って勝利したことでもお馴染みですね。その後は、ドバイシーマクラシックを制しイギリスのキングジョージにも出走しましたね。

種牡馬となってからは、2017年の有馬記念を制覇したシュヴァルグランや2018年の大阪杯をはじめG12勝を挙げたスワーヴリチャードなどがいますね。その他には、ジャスタウェイやリスグラシューもハーツクライ産駒ですね。

ハーツクライ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ハーツクライ (Heart's Cry) | 競走馬データ - netkeiba.com
ハーツクライ(Heart'sCry)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(エスキモーキセス)について

父、To Honor and Serve。母は、Silver Colorsです。

エスキモーキセスが現役競走馬の時は、アメリカ産馬でアラバマS(G1)を勝利した実績のあるお馬さんですね。ちなみにアラバマS(G1)は、ダート2000mのレースになります。

Silver Colorsの母は、Winning Colorsはエクリプス賞最優秀3歳牝馬(1988年)にも輝いた名馬ですね。

Curlin産駒で初仔のキスオンザチークは中京ダートの1800mで勝ちあがっていますね。エスキモーキセスの2021は、2番仔になります。

エスキモーキセス(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

エスキモーキセス (Eskimo Kisses) | 競走馬データ - netkeiba.com
エスキモーキセス(EskimoKisses)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

ハーツクライ産駒に変わって、適性は芝になると思います。距離は2000mぐらいが良さそうな感じがしますね。

POG的には友道厩舎ということで注目されると思いますし、社台レースホースの募集価格が1億2000万円と高価なので陣営の期待度も高いはずです。牡馬ですし、日本ダービーを走ってほしいなと思いますね。

デビューの時を楽しみに待ちましょう!それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました