【POG 2023~2024】エルパンドールの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(2022~2023)シーズンも始まって、2カ月も経たないうちに2歳G1もやってくるねぇ~

まだ、早いよ~と言われるかもしれませんが、POG(2023~2024)シーズンの注目馬を紹介していきたいと思います。

気軽な感じでお付き合いして頂けたらと。最後まで観てね~。

①エルパンドールの2021

父、エピファネイア。母は、エルパンドールです。エルパンドールの2021は、牝馬になります。

栗東の石橋守厩舎に所属予定です。馬主はインゼルレーシング。

エルパンドールの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

エピファドール (Epipha d'Or) | 競走馬データ - netkeiba.com
エピファドール(Epiphad'Or)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(エピファネイア)について

父シンボリクリスエス。母は、シーザリオ。2代父にはスペシャルウィークにも繋がる血統ですよね。

エピファネイアが競走馬の時は、2013年のG1菊花賞と2014年のジャパンCなど重賞4勝を勝利しました。キズナとの日本ダービーは凄かったですよね。2013年の日本ダービーの時は、僕はあの時は3着のアポロソニックを買っていて馬券は馬連しか買っていなくて玉砕した思い出がありますね。

種牡馬となってからは牝馬3冠を成し遂げたデアリングタクトやクラシック2冠のエフフォーリアなど、名馬を生み出していることでもお馴染みですね。

キズナとエピファネイア、こうして日本ダービーで激闘した2頭が種牡馬で子供たちが活躍するのも感慨深いものありますね。

エピファネイア(netkeiba)↓詳しくをこちらご覧になってみてください。

エピファネイア (Epiphaneia) | 競走馬データ - netkeiba.com
エピファネイア(Epiphaneia)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

エピファネイア(記事)↓詳しくをこちらご覧になってみてください。

【POG】エピファネイア産駒をPOGで指名するのはギャンブルなのか?
ディープインパクト、キングカメハメハが亡き今、種牡馬も群雄割拠な時代になってきましたね!! 年が経つ毎に、種牡馬がデビューしてきてもう訳が分からないよ~!!そんな貴方に伝えたい! 今回、種牡馬エピファネイアに焦点を当ててみていきましょう!!

③母(エルパンドール)について

父、ネオユニヴァース。母は、オータムブリーズです。兄弟の仔には、G1を4勝したルヴァンスレーヴやG1を5勝したチュウワウィザードがいますね。

エルパンドールが現役競走馬の時は、中央&地方(高知競馬)で活躍した後繫殖牝馬となりました。エルパンドールの2021は、2番仔になります。

エルパンドール(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

エルパンドール (Elle Pain d'Or) | 競走馬データ - netkeiba.com
エルパンドール(EllePaind'Or)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

エピファネイア産駒であることからも、距離適性は芝の1600m~2000mくらいになるでしょうか。母系はポテンシャルがかなりありそうなので、POG人気は落ち着いた人気にはなると思いますが1口馬主の視点では活躍してくれそうお馬さんですね。(1口馬主をやったことのない筆者が言うのもなんですが・・・)

インゼルレーシングですし、鞍上はあの方の可能性が高いのかなぁ~と思います。半弟が夏場にデビューしているので、エルパンドールの2021がデビューする時期もそのあたりなのかなぁ~と思いますね。来年の走りが楽しみですね!!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました