【POG 2023~2024】ガルデルスリールの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

寒くなってきましたねぇ~。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

迫る年末、2022年のG1シーズンもいよいよ佳境に入ってきましたねぇ~

POG(2023-2024)シーズンの注目馬を掲載していきます!!

①ガルデルスリールの2021

父、ルーラーシップ。母は、ガルデルスリールです。兄弟には阪神ジュベナイルフィリーズにも出走予定のモリアーナがいます。ガルデルスリールの2021は、牡馬です。

栗東の武英智厩舎に所属予定です。馬主はシルクレーシング。

ガルデルスリールの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ガルデルクラージュ (Garder le Courage) | 競走馬データ - netkeiba.com
ガルデルクラージュ(GarderleCourage)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ルーラーシップ)について

父、キングカメハメハ。母は、エアグルーヴ。言わずと知れた日本が誇る良血ファミリーですよね。

種牡馬となってからは、2017年の菊花賞を勝利したキセキや重賞2勝のダンビュライトといった活躍馬を輩出しています。

ルーラーシップ自身が競走馬の時には、2012年の香港G1クイーンエリザベスCなど重賞5勝をあげています。レースの時にはスタートでの出遅れが目立った同馬ですが、20戦のうち2回しか掲示板を外していないなど最後の直線での豪脚には目を見張るものがありましたね。

ルーラーシップ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ルーラーシップ (Rulership) | 競走馬データ - netkeiba.com
ルーラーシップ(Rulership)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ガルデルスリール)について

父、ダイワメジャー。母は、バシマーです。

ガルデルスリールの2021が現役競走馬の時は、芝の1600m~2000mを中心に活躍し29戦2勝の成績をあげ後に繫殖牝馬となりました。

ガルデルスリールの仔はこれまで3頭デビューしているのですが、3頭全てが中央競馬で勝ちあがっています。

ガルデルスリール(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ガルデルスリール (Garder le Sourire) | 競走馬データ - netkeiba.com
ガルデルスリール(GarderleSourire)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

ルーラーシップ産駒ということもあり、距離適性は芝の2000m以上かなぁ~と思います。長く良い脚を使いそうなお馬さんというイメージですね。

エピファネイア産駒のモリアーナが活躍したこともあり、POG的には注目の1頭でしょう。

栗東の武英智厩舎はメイケイエールなどの活躍馬を輩出していますし、これからのPOGを賑わしてくれる厩舎の1つだと思います。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました