【POG 2023~2024】クイーンカトリーンの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れが来て、暖かい日が来てるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①クイーンカトリーンの2021

父、キズナ。母は、クイーンカトリーンです。クイーンカトリーンの2021は、牡馬になります。ちなみに馬名も決まっていて、ラウダブルといいます。

栗東の池江厩舎に所属予定です。馬主は、G1レーシング。

クイーンカトリーンの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ラウダブル (Laudable) | 競走馬データ - netkeiba
ラウダブル(Laudable)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(キズナ)について

父はディープインパクト。母は、キャットクイルです。

母方のキャットクイルには、G13勝をあげたファレノプシスがいる血統になります。キャットクイルのお姉さんには、パシフィカスというお馬さんがいます。パシフィカス自身は、ビワハヤビデやナリタブライアンといった名馬を輩出しています。その他には、重賞を輩出している血統でもあります。

キズナは、2013年の日本ダービーを勝利しました。3歳時には凱旋門賞4着といった結果を出しましたが、晩年は怪我に苦しんでいたなぁという気がしています。種牡馬となって、2022年の凱旋門賞に出走予定のディープボンドや安田記念を勝利したソングラインなどがいますね。

キズナ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

キズナ (Kizuna) | 競走馬データ - netkeiba.com
キズナ(Kizuna)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(クイーンカトリーン)について

父、Acclamation。母は、Kahiraです。

ざっくりいうと、アイルランド血統馬ですね。

クイーンカトリーンが現役競走馬の時は、ブランズタウンS(G3)というレースを勝利した実力馬ですね。

クイーンカトリーンの2021は、4番仔になりますね。

クイーンカトリーン(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

クイーンカトリーン (Queen Catrine) | 競走馬データ - netkeiba
クイーンカトリーン(QueenCatrine)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

デビューをした兄弟の傾向をみると、距離適性的には芝の2000mぐらいが良さそうな感じがしますね。距離延長にも対応できそうな感じもありますね。

栗東の池江厩舎×G1レーシングの組み合わせは、ペルシアンナイトを筆頭に活躍馬を輩出していますし期待感はありますね。G1レーシングの現3歳勢はドゥアイズを筆頭に活躍馬を輩出していますし、デビューの時が楽しみですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました