【POG 2023~2024】クエストフォーワンダーの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れが来て、暖かい日が来てるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①クエストフォーワンダーの2021

父、ドゥラメンテ。母は、クエストフォーワンダーです。クエストフォーワンダーの2021は、牝馬になります。ちなみに馬名も決まっていて、チェルシーといいます。

美浦の中館英厩舎に所属予定です。馬主は、広尾レース。

クエストフォーワンダーの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

チェルシー (Chelsea) | 競走馬データ - netkeiba
チェルシー(Chelsea)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(サトノアラジン)について

サトノアラジンの父は鞍上武豊騎手を背にして、G17勝した名馬ディープインパクトですよね。サトノアラジンの母は、マジックストームです。

サトノアラジンの兄弟には、2014年のエリザベス女王杯を勝利したラキシスがいます。サトノアラジンは、2017年のG1安田記念を勝利した他に、1400mのG2レースを2つ勝利しています。サトノアラジンの母父はストームキャットで、血統の4分の3はリアルスティールと血統構成が同じです。

2022年8月23日現在のサトノアラジン産駒成績は芝(171戦9勝)ダート(186戦15勝)と、ダート成績の方が良いみたいです。

サトノアラジン(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サトノアラジン | 競走馬データ - netkeiba
サトノアラジン(SatonoAladdin)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(クエストフォーワンダー)について

父、マクフィ。母は、Sinndiyaです。

ざっくりいうと、イギリス産馬ですね。

Sinndiyaの兄弟には、凱旋門賞などを勝利したシンダーがいる血統でもありますね。

クエストフォーワンダーの2021は、4番仔になりますね。

クエストフォーワンダー(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

クエストフォーワンダー (Quest For Wonder) | 競走馬データ - netkeiba
クエストフォーワンダー(QuestForWonder)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

全兄にセントアイヴスがいますが、ダートの中距離以上を走っている感じですね。距離適性は似た感じになるのかなと思います。

美浦の中館厩舎は中々、クラシックに馴染みの薄い厩舎だとは思います。2016年のフェアリーSを勝利したビービーバーレルがいますね。

母系はヨーロッパでも活躍馬を輩出しているので、ポテンシャルはありそうです。母系の爆発力に期待したいですね。楽しみですね!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました