【POG 2023~2024】クリスプの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①クリスプの2021

父、ハーツクライ。母はクリスプです。兄弟には2020年のジャパンダートダービーを勝利したダノンファラオがいますね。ちなみに、クリスプの2021は牡馬です。

美浦の国枝厩舎に所属予定です。馬主はサンデーレーシング。

クリスプの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

モスクロッサー (Moskrosser) | 競走馬データ - netkeiba.com
モスクロッサー(Moskrosser)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ダノンファラオ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ダノンファラオ (Danon Pharaoh) | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンファラオ(DanonPharaoh)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ハーツクライ)について

父はサンデーサイレンス。母はアイリッシュダンスです。母方の近親には2018年のフェブラリーSを制覇したノンコノユメなどがいますね。

ハーツクライが現役競走馬の時は、2005年の有馬記念で当時、無敗の3冠馬でだったディープインパクト破って勝利したことでもお馴染みですね。その後は、ドバイシーマクラシックを制しイギリスのキングジョージにも出走しましたね。

種牡馬となってからは、2017年の有馬記念を制覇したシュヴァルグランや2018年の大阪杯をはじめG12勝を挙げたスワーヴリチャードなどがいますね。その他には、ジャスタウェイやリスグラシューもハーツクライ産駒ですね。

ハーツクライ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ハーツクライ (Heart's Cry) | 競走馬データ - netkeiba.com
ハーツクライ(Heart'sCry)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(クリスプ)について

父、El Corredor。母は、Cat’s Fairです。ざっくりいうと、アメリカ血統になります。

クリスプが競走馬の時には、G1サンタアニアオークスを勝利しています。

繁殖牝馬としてのクリスプは、クリスプの2021を含めて4頭出産していてデビューした2頭はダートで走っていますね。

クリスプ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

クリスプ (Crisp) | 競走馬データ - netkeiba.com
クリスプ(Crisp)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

パワーが勝る母系なのかなと思います。父親がハーツクライに変わって、芝がどうかですが恐らくデビューは芝になるのかなと。距離的には2000mは守備範囲だと思いますし、2400mでも恐らく問題はないでしょう。

POG的には未知数なところが多いので、指名するかは迷いどころですね。国枝厩舎所属予定ということで人気は出ると思いますが、そこはロマン込みの指名もありなのかなぁと。

国枝調教師が日本ダービーに挑戦できるのもPOG2023~2024でラストチャンスになります。POG的には牡馬中心に有力馬が集まってくるのかなと思います。来年が待ち遠しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました