【POG 2023~2024】クロウキャニオンの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れが来て、暑い日が来てるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います。

①クロウキャニオンの2021

父、ブラックタイド。母は、クロウキャニオンです。クロウキャニオンの2021は、牡馬になります。ちなみに馬名も決まっていて、クルミナーレといいます。

栗東の池江厩舎に所属予定です。馬主は、金子真人ホールディングス。

クロウキャニオンの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

クルミナーレ | 競走馬データ - netkeiba.com
クルミナーレの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ブラックタイド)について

父、サンデーサイレンス。母は、ウインドインハ-ヘアです。鞍上の武豊で無冠の3冠などでお馴染みの名馬ディープインパクトの全兄になります。

ブラックタイドが現役競走馬の時は、フジスプリングS(G2)制覇など22戦3勝の成績をあげ後に種牡馬となりました。種牡馬となってからはキタサンブラックをはじめ重賞でも活躍する馬を多く輩出しています。

ブラックタイド(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ブラックタイド (Black Tide) | 競走馬データ - netkeiba.com
ブラックタイド(BlackTide)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(クロウキャニオン)について

父、フレンチデピュティ。母は、クロカミです。

クロウキャニオンが現役競走馬の時は、2歳時に兵庫ジュニアグランプリ(G3)3着の実績があるお馬さんですね。引退前の2走以外は一貫して1400mを走っていたのは印象的ですね。

クロウキャニオンの仔は、重賞で活躍している馬を8頭も輩出していますね。最近だと、ディープインパクト産駒のヨーホーレイクなどになりますね。

クロウキャニオンの2021は、15番仔になりますね。

クロウキャニオン(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

クロウキャニオン (Crow Canyon) | 競走馬データ - netkeiba.com
クロウキャニオン(CrowCanyon)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

母クロウキャニオンは、POGをやっているなら誰しもが1度は耳にしたことのあるお母さんじゃないかなと思います。

距離適性的には芝の1600mぐらいが良さそうな感じがしますね。POG本の赤本で6月に入厩する見込みとのことなので、デビューは早くて夏くらいなんじゃないかなと思います。

POG的には堅実かつ重賞での活躍馬を多く輩出している血統なので、アベレージがとても高い血統だと思います。また重賞での活躍を楽しみに待ちたいですね!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました