【POG 2023~2024】グラナダの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新春競馬も始まって、今年も競馬が始まるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①グラナダの2021

父、キズナ。母は、グラナダです。グラナダの2021は、牡馬になります。

栗東の辻野泰之厩舎に所属予定です。馬主は、ロードホースクラブ。

グラナダの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ロードリレーション (Lord Relation) | 競走馬データ - netkeiba.com
ロードリレーション(LordRelation)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(キズナ)について

父はディープインパクト。母は、キャットクイルです。母方のキャットクイルには、G13勝をあげたファレノプシスがいる血統になります。キャットクイルのお姉さんには、パシフィカスというお馬さんがいます。パシフィカス自身は、ビワハヤビデやナリタブライアンといった名馬を輩出しています。その他には、重賞を輩出している血統でもあります。

キズナは、2013年の日本ダービーを勝利しました。3歳時には凱旋門賞4着といった結果を出しましたが、晩年は怪我に苦しんでいたなぁという気がしています。種牡馬となって、2022年の凱旋門賞に出走予定のディープボンドや安田記念を勝利したソングラインなどがいますね。

キズナ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

キズナ (Kizuna) | 競走馬データ - netkeiba.com
キズナ(Kizuna)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(グラナダ)について

父、Galileo。母は、キャサリンオブアラゴンです。

グラナダが現役競走馬の時は、5戦走って未勝利で競走馬生活を終えていますね。

グラナダの2021以外は、全てロードカナロア産駒なんですよね。ちなみに、5番仔になります。

グラナダ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

グラナダ (Granada) | 競走馬データ - netkeiba.com
グラナダ(Granada)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

初めてのキズナ産駒ということで、何かありそうだと思わせる1頭ですね。距離適性的には2000mぐらいが良さそうな感じにみえますね。

母系にサドラーズウェルズが入っているので、日本競馬に対応できるかがポイントにはなりそうです。POG的には人気的に落ち着いた人気にはなると思いますが、覚えておきたい1頭ですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました