【POG 2023~2024】サラフィナの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①サラフィナの2021について

父、ブリックスアンドモルタル。母はサラフィナです。サラフィナの2021は牡馬です。

栗東の友道厩舎に所属予定です。馬主は2022年の凱旋門賞に出走したドウデュースのオーナーである松島さんが立ち上げたインゼルレーシングです。

サラフィナの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

カルデア (Chaldea) | 競走馬データ - netkeiba.com
カルデア(Chaldea)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ブリックスアンドモルタル)について

父、Giant’s Causeway。母は、Beyond the Wavesです。

ブリックスアンドモルタルは競走馬の時には、アメリカのG1であるBCターフやペガサスワールドCターフ招待S(G1)などG15勝をあげた名馬です。

POG2023〜2024シーズンで初めての産駒が走りますね。ディープ系とキンカメ系の繫殖牝馬が飽和した状態で、新しい血を入れた種牡馬ですね。距離適性的にはやはり2000mくらいを意識した感じになってますね。

どんな産駒なのかは、扉を開いてみないと分かりませんが注目してみていきたいですね!!

ブリックスアンドモルタル(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ブリックスアンドモルタル (Bricks and Mortar) | 競走馬データ - netkeiba.com
ブリックスアンドモルタル(BricksandMortar)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(サラフィナ)について

父は、Refuse To Bend。母、Sanariyaです。

サラフィナが競走馬の時には、仏オークスなどG13勝などの実績があるお馬さんです。

繫殖牝馬としては、6頭の馬がこれまでデビューしていますが、海外のデビューを含めて全て勝ち上がっていますね。

サラフィナ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サラフィナ (Sarafina) | 競走馬データ - netkeiba.com
サラフィナ(Sarafina)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

インゼルレーシングですし、鞍上は武豊騎手になる可能性が高いでしょうね。2022年の凱旋門賞も日本馬は残念な結果になりましたが、サラフィナの2021が凱旋門賞を勝利するなんてこともあるかもしれませんね。

POG的には長距離の馬を育成することに長けている友道厩舎ですし、2400mは当然走れるように馬を作っていくのではないかと思います。POG指名には一発ホームラン狙いではアリなのかなと。

血統的には日本のスピード競馬に対応できるかが課題になってきそうです。血統は全く違いますがソウルスターリングのように活躍しているお馬さんもいるので、期待して見守りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました