【POG 2023~2024】サロニカの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①サロニカの2021

父、ロードカナロア。母は、サロニカです。サロニカの2021は牝馬になります。

栗東の松下厩舎に所属予定です。馬主はサンデーレーシング。

サロニカの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サリオス (Salios)の血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com
サリオス(Salios)の血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ロードカナロア)について

父、キングカメハメハ。母は、レディブラッサムです。

ロードカナロアが現役競走馬の時には、香港スプリント2連覇などG16勝した名馬。

子供達にはアーモンドアイやステルヴィオなどいますね。最近ではドバイターフを勝利したパンサラッサもロードカナロア産駒ですよね。

面白いのは総賞金ランキングトップ20でロードカナロア産駒の競走馬、8頭が栗東所属の安田隆行厩舎なんだね。POG視点だけど、安田隆行厩舎所属のロードカナロア産駒は注目してしまいますよね。

ロードカナロア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ロードカナロア (Lord Kanaloa) | 競走馬データ - netkeiba.com
ロードカナロア(LordKanaloa)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(サロニカ)について

父、ディープインパクト。母はサロミナです。兄弟には、2020年の府中牝馬Sを制したサラキアや2019年のG1朝日フューチュリティSを制したサリオスなどがいる血統です。

サロニカが競走馬の時には、G1桜花賞にも出走予定でしたが取り消しにもなって最終的には、11戦2勝の成績をあげて繁殖牝馬となっています。

サロニカの2021は2番仔になります。初仔はモーリス産駒でいるのですが、残念なことにデビューが叶いませんでした。

サロニカ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サロニカ (Salonika) | 競走馬データ - netkeiba.com
サロニカ(Salonika)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

サラキア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サラキア (Salacia) | 競走馬データ - netkeiba.com
サラキア(Salacia)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

サリオス(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サリオス (Salios) | 競走馬データ - netkeiba.com
サリオス(Salios)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

母系に活躍馬多数なんですよね。恐らく、勢いのある血統の1つではないでしょうか。只、POG的には仕上がりが遅めの血統なので、成長が間に合うかは1つのカギになってきそうです。

距離的には1600mも守備範囲ですし、東京の2400mも走れると思います。POG的には注目されると思うので、来年のPOG指名の時にデビュー時期の目安があればなお人気が出るのではないかと思います。個人的にもPOGで指名候補の1頭です。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました