【POG 2023~2024】シャトーブランシュの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①シャトーブランシュの2021

父、キズナ。母は、シャトーブランシュです。兄弟には2022年のクラシックを賑わしたイクノイックスや2021年のラジオNIKKEI賞を制覇したヴァイスメテオールがいます。シャトーブランシュの2021は牝馬です。

美浦の木村厩舎に所属予定です。馬主はシルクレーシング。

シャトーブランシュの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ガルサブランカ (Garza Blanca) | 競走馬データ - netkeiba.com
ガルサブランカ(GarzaBlanca)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

イクノイックス(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

イクイノックス (Equinox) | 競走馬データ - netkeiba.com
イクイノックス(Equinox)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ヴァイスメテオール(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ヴァイスメテオール (Weiss Meteor) | 競走馬データ - netkeiba.com
ヴァイスメテオール(WeissMeteor)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(キズナ)について

父はディープインパクト。母は、キャットクイルです。母方のキャットクイルには、G13勝をあげたファレノプシスがいる血統になります。キャットクイルのお姉さんには、パシフィカスというお馬さんがいます。パシフィカス自身は、ビワハヤビデやナリタブライアンといった名馬を輩出しています。その他には、重賞を輩出している血統でもあります。

キズナは、2013年の日本ダービーを勝利しました。3歳時には凱旋門賞4着といった結果を出しましたが、晩年は怪我に苦しんでいたなぁという気がしています。種牡馬となって、2022年の凱旋門賞に出走予定のディープボンドや安田記念を勝利したソングラインなどがいますね。

キズナ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

キズナ (Kizuna) | 競走馬データ - netkeiba.com
キズナ(Kizuna)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(シャトーブランシュ)について

父、キングヘイロー。母は、ブランシェリーです。

シャトーブランシュが競走馬の時には、2015年のマーメイドSを制覇していて25戦4勝の成績をあげています。

繁殖牝馬としては、2022年10月現在で3頭の馬がデビューしていますが全て勝ち上がっていますね。

シャトーブランシュ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

シャトーブランシュ (Chateau Blanche) | 競走馬データ - netkeiba.com
シャトーブランシュ(ChateauBlanche)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

デビューしたお馬さんが全て勝ち上がっている良いポイントですよね。イクイノックスがクラシックで上位着を取りましたし、来年のPOGでも人気になることは間違いないでしょう。

イクイノックスを管理した美浦の木村厩舎に所属ですし、シャトーブランシュの血統は知り尽くしていると思われるので、順調にデビューができれば走る可能性は高いのではないでしょうか。

堅実性とイクノイックスなど活躍馬を輩出していますし、個人的にも注目したい1頭です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました