【POG 2023~2024】ジュエラーの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(2022~2023)シーズンも始まって、2カ月も経たないうちに2歳G1もやってくるねぇ~

まだ、早いよ~と言われるかもしれませんが、POG(2023~2024)シーズンの注目馬を紹介していきたいと思います。

気軽な感じでお付き合いして頂けたらと。最後まで観てね~。

①ジュエラーの2021

父、ロードカナロア。母は、ジュエラーです。ジュエラーの2021は牝馬になります。

栗東の杉山晴紀厩舎に所属予定です。馬主は社台レースホース。

ジュエラーの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ティールサファイア | 競走馬データ - netkeiba.com
ティールサファイアの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ロードカナロア)について

父、キングカメハメハ。母は、レディブラッサムです。

ロードカナロアが現役競走馬の時には、香港スプリント2連覇などG16勝した名馬。

子供達にはアーモンドアイやステルヴィオなどいますね。最近ではドバイターフを勝利したパンサラッサもロードカナロア産駒ですよね。

面白いのは総賞金ランキングトップ20でロードカナロア産駒の競走馬、8頭が栗東所属の安田隆行厩舎なんだね。POG視点だけど、安田隆行厩舎所属のロードカナロア産駒は注目してしまいますよね。

ロードカナロア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ロードカナロア | 競走馬データ – netkeiba.com
ロードカナロア(Lord Kanaloa)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ロードカナロア(記事)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

【POG】ロードカナロア産駒~活躍馬に法則なんてあるのかな!?~
「【POG】ロードカナロア産駒~活躍馬に法則なんてあるのかな!?~」、ロードカナロア産駒について調査してみました。簡単な個人的見解と今後のPOGや馬券購入にお役に立てるかもしれない情報も掲載しているかもしれません。良かったら覗いてまし~。

③母(ジュエラー)について

父、ヴィクトワールピサ。母はバルドウィナです。兄弟には重賞4勝のワンカラットなどがいますね。

ジュエラーが現役競走馬の時には、2016年の桜花賞を勝利しこれからの活躍に期待されましたが6戦2勝の成績で現役を引退し、後に繫殖牝馬となりました。

ジュエラーの2021は、4番仔になります。

ジュエラー(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ジュエラー (Jeweler) | 競走馬データ - netkeiba.com
ジュエラー(Jeweler)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

兄弟の走りをみていると、芝の2000mくらいが適性距離なのかなぁ~と思います。全兄にジュエラーの2020がいますが2022年10月現在で走っていないので、未知数なところは大きいですが・・。

牝馬ですし1600mも走れそうな感じはありますし、POG的に桜花賞&オークス兼用での指名は面白いと思います。キタサンブラック産駒のヴェールランスも京成杯(G3)で上位人気に推されたくらい素質のあるお馬さんでしたし、これからの活躍にも期待できるでしょう。ジュエラーの2021もやっぱりお母さんがG1馬で大きな期待があるでしょう。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました