【POG 2023~2024】スピニングワイルドキャットの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

寒くなってきましたねぇ~。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

迫る年末、2022年のG1シーズンもいよいよ佳境に入ってきましたねぇ~

POG(2023-2024)シーズンの注目馬を掲載していきます!!

①スピニングワイルドキャットの2021

父、ハーツクライ。母は、スピニングワイルドキャットです。兄弟にはG1を2勝したロードカナロア産駒のダノンスマッシュがいる血統になります。スピニングワイルドキャットの2021は、牡馬です。

栗東の中内田厩舎に所属予定です。馬主は、ロードホースクラブ。

スピニングワイルドキャットの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ロードオールライト (Lord All Right) | 競走馬データ - netkeiba.com
ロードオールライト(LordAllRight)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ハーツクライ)について

父はサンデーサイレンス。母はアイリッシュダンスです。母方の近親には2018年のフェブラリーSを制覇したノンコノユメなどがいますね。

ハーツクライが現役競走馬の時は、2005年の有馬記念で当時、無敗の3冠馬でだったディープインパクト破って勝利したことでもお馴染みですね。その後は、ドバイシーマクラシックを制しイギリスのキングジョージにも出走しましたね。

種牡馬となってからは、2017年の有馬記念を制覇したシュヴァルグランや2018年の大阪杯をはじめG12勝を挙げたスワーヴリチャードなどがいますね。その他には、ジャスタウェイやリスグラシューもハーツクライ産駒ですね。

ハーツクライ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ハーツクライ (Heart's Cry) | 競走馬データ - netkeiba.com
ハーツクライ(Heart'sCry)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(スピニングワイルドキャット)について

父、ハードスパン。母は、Hollywood Wildcatです。ざっくりいうと、アメリカ血統になります。

スピニングワイルドキャットの兄弟には、BCマイルを勝利したWar Chantがいますね。お母さんのHollywood Wildcatは、BCディスタフを勝利している血統でもあります。

スピニングワイルドキャットの2021は、9番仔です。

スピニングワイルドキャット(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

スピニングワイルドキャット (Spinning Wildcat) | 競走馬データ - netkeiba.com
スピニングワイルドキャット(SpinningWildcat)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

スピニングワイルドキャットはじめてのハーツクライ産駒。距離適性は芝の2000mでも走れそうな感じがします。後々はマイラーになりそうな感じもしますね。母系はアメリカの名馬である血筋ですし、ポテンシャルはありそうです。

POG的には2・3歳の活躍が目立つ中内田厩舎ですし注目される1頭でしょうね。ダノンスマッシュの半弟でもありますし、ロードホースクラブの中でも1番注目されるでしょう。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました