【POG 2023~2024】タッチングスピーチの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①タッチングスピーチの2021

父、モーリス。母は、タッチングスピーチです。兄弟には札幌の未勝利戦を勝利したキングズレインがいる血統ですね。タッチングスピーチの2021は牡馬になります。

栗東の高野厩舎に所属予定です。馬主はサンデーレーシング。

タッチングスピーチの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

キーノート | 競走馬データ - netkeiba.com
キーノートの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(モーリス)について

父、スクリーンヒーロー。母は、メジロフランシスです。

モーリスが競走馬の時には、2015年に栗東の吉田厩舎から美浦の堀厩舎に移籍してから、馬が変わったのかといえるくらいG16勝をあげる活躍しています。

種牡馬としてのモーリスは、これからG1での活躍が期待されるジャックドールや2021年のスプリンターズSを勝利したピクシーナイトなどの活躍馬が輩出しています。

モーリス(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

モーリス | 競走馬データ - netkeiba
モーリス(Maurice)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母に(タッチングスピーチ)ついて

父、ディープインパクト。母はリッスンです。兄弟には重賞でも好走したムーヴザワールドやサトノルークスがいる血統ですね。

タッチングスピーチが競走馬の時には、2015年のローズSを勝利したりG1でも好走していました。

繁殖牝馬となってからは、2番仔のキングズレインが初勝利をあげるなどこれからの活躍が期待されていますね。

タッチングスピーチ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

タッチングスピーチ (Touching Speech) | 競走馬データ - netkeiba.com
タッチングスピーチ(TouchingSpeech)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ムーヴザワールド(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ムーヴザワールド (Move the World) | 競走馬データ - netkeiba.com
ムーヴザワールド(MovetheWorld)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

サトノルークス(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

サトノルークス (Satono Lux) | 競走馬データ - netkeiba.com
サトノルークス(SatonoLux)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

モーリス産駒であることやタッチングスピーチが3歳秋に重賞制覇したことを考えると、POG的には3歳春時点で成長が間に合うかが鍵になってきそうです。距離的には日本ダービーの距離である2400mも走れるのではないかと思います。

近年は皐月賞や日本ダービーに出走できる本賞金も上がってきているので、デビュー時期は遅くても11月くらいにはしてほしいとこですね。

血統的なポテンシャルはかなりあると思いますので、成長が間に合ってほしいですね。古馬になってからも楽しめそうなお馬さんなのかなと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました