【POG 2023~2024】ツルマルワンピースの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

寒くなってきましたねぇ~。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

迫る年末、2022年のG1シーズンもいよいよ佳境に入ってきましたねぇ~

POG(2023-2024)シーズンの注目馬を掲載していきます!!

①ツルマルワンピースの2021

父、モーリス。母は、ツルマルワンピースです。兄弟には2018年の有馬記念を勝利したブラストワンピースがいる血統になりますね。ツルマルワンピースの2021は、牡馬です。

美浦の大竹厩舎に所属予定です。馬主は、シルクレーシング。

ツルマルワンピースの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

オールライズ | 競走馬データ - netkeiba.com
オールライズの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(モーリス)について

父、スクリーンヒーロー。母は、メジロフランシスです。

モーリスが競走馬の時には、2015年に栗東の吉田厩舎から美浦の堀厩舎に移籍してから、馬が変わったのかといえるくらいG16勝をあげる活躍しています。

種牡馬としてのモーリスは、これからG1での活躍が期待されるジャックドールや2021年のスプリンターズSを勝利したピクシーナイトなどの活躍馬が輩出しています。

モーリス(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

モーリス | 競走馬データ - netkeiba
モーリス(Maurice)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ツルマルワンピース)について

父、キングカメハメハ。母は、ツルマルグラマーです。

ツルマルワンピースが現役競走馬の時は、阪神ジュベナイルフィリーズ5着といった成績をあげています。芝・ダート兼用で、主に1200m~1600mを走っていました。後に繁殖牝馬となり、オープン馬2頭を輩出しています。

ツルマルワンピースの2021は、6番仔になります。

ツルマルワンピース(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ツルマルワンピース (Tsurumaru Onepiece) | 競走馬データ - netkeiba
ツルマルワンピース(TsurumaruOnepiece)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

距離適性は芝の2000m以上が良さそうなタイプだと思います。2400mでも充分走れるだけの適性はあると思います。目標は日本ダービーになってくるでしょう。

ただ、ブラストワンピースも瞬発力秀でたタイプではないので、スピード競馬への対応はカギになってきそうです。

POG的には注目の1頭だと思います。ブラストワンピースを管理した大竹厩舎ですし、この馬に合った調整をしてくれそうな点も良い要素ですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました