【POG 2023~2024】ティールグリーンの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新春競馬も始まって、今年も競馬が始まるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①ティールグリーンの2021

父、キタサンブラック。母は、ティールグリーンです。ティールグリーンの2021は、牡馬になります。

美浦の林徹厩舎に所属予定です。馬主は、サンデーレーシング。

ティールグリーンの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ヴェルディール | 競走馬データ - netkeiba.com
ヴェルディールの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(キタサンブラック)について

父、ブラックタイド。母はシュガーハートです。兄弟には重賞でも好走したショウナンバッハがいますね。

キタサンブラックが現役競走馬の時には、G1を7勝をあげる名馬でした。

種牡馬となってからは、2022年の天皇賞(秋)を勝利したイクノイックスやG2セントライト記念を勝利したガイアフォースがいますね。これからの産駒への活躍が期待されます。

キタサンブラック(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

キタサンブラック (Kitasan Black) | 競走馬データ - netkeiba.com
キタサンブラック(KitasanBlack)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

キタサンブラック(記事)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

【POG】キタサンブラック産駒 活躍馬を例に徹底分析してみる
【POG】キタサンブラック産駒について、活躍馬を例に徹底分析してみる。馬券やPOG、その他の競馬についての情報などにお役に立てるかもしれない情報を掲載しています。

③母(ティールグリーン)について

父、Scat Daddy。母は、Lightning Paceです。

ティールグリーンが現役競走馬の時は、短距離を中心に走り4戦1勝の成績で繁殖牝馬になりました。スピード色が強そうな感じだったのかもしれないですね。

デビューした3頭の内、2頭が地方の勝ち上がり含めて勝ちあがっていますね。ティールグリーンの2021は、4番仔になります。

ティールグリーン(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ティールグリーン (Teal Green) | 競走馬データ - netkeiba.com
ティールグリーン(TealGreen)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

スピード色が強そう母系に父キタサンブラックは合うんじゃないかなと思います。距離適性的は芝の1600m~2000mくらいが良さそうな感じに思いますね。

林徹厩舎&サンデーレーシングの組み合わせは、安田記念を勝利したソングラインがいますし楽しみな1頭であることは間違いなさそうです。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました