【POG 2023~2024】ハルーワスウィートの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れが来て、暑い日が来てるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います。

①ハルーワスウィートの2021

父、スワーヴリチャード。母は、ハルーワスウィートです。ハルーワスウィートの2021は、牝馬になります。ちなみに馬名も決まっていて、エヴァンスウィートといいます。

栗東の友道厩舎に所属予定です。馬主は、佐々木主浩さん。

ハルーワスウィートの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

エヴァンスウィート (Evan Sweet) | 競走馬データ - netkeiba
エヴァンスウィート(EvanSweet)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(スワーヴリチャード)について

父はハーツクライ。母は、ピラミマです。

スワーヴリチャードが現役競争馬の時には、2017年の大阪杯や2019年のジャパンカップのG12勝など輝かしい成績をあげています。2017年の日本ダービーでは2着でしたね。個人的なことになりますが、2017年の日本ダービーではPOG指名していたアドミラブル・レイデオロ・ダイワキャグニーの3頭が出走していたので一番楽しめたPOGでした。

2023年シーズンが初年度産駒になるスワーヴリチャード。本当に楽しみですね。

スワーヴリチャード(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

スワーヴリチャード (Suave Richard) | 競走馬データ - netkeiba.com
スワーヴリチャード(SuaveRichard)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ハルーワスウィート)について

父、Machiavellian。母は、ハルーワソングです。

ハルーワスウィートが現役競走馬の時は、22戦5勝の成績で後に繫殖牝馬となっています。芝・ダート問わず走っていた感じですね。

ハルーワスウィートの仔は、重賞でも活躍したヴィルシーナシュヴァルグランヴィブロスなどを輩出していますね。

ハルーワスウィートの2021は、8番仔になります。

ハルーワスウィート(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ハルーワスウィート (Halwa Sweet) | 競走馬データ - netkeiba
ハルーワスウィート(HalwaSweet)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

POG的にはお馴染みの血統だと思います。

距離適性的には芝の1600m~2000mぐらいが良さそうな感じがしますね。ただ、成長度が遅めだと思うのでPOG期間に間に合うかどうかは未知数なところがありますね。

調査していると既にゲート試験には合格しているので、早期デビューも可能なんじゃないかなと思います。友道厩舎ゆかりの血統ですし、馬に合わせた調整をしてデビューしてくれたらいいですね!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました