【POG 2023~2024】フォエヴァーダーリングの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①フォエヴァーダーリングの2021(馬名:フォーエバーヤング)

父、リアルスティール。母はフォエヴァーダーリングです。兄弟にはモンファボリなどがいますね。ちなみに、フォエヴァーダーリングの2021は牡馬で、馬名フォーエバーヤングと決まっています

栗東の矢作厩舎所属予定です。馬主はウマ娘でお馴染みの藤田オーナーになります。

フォエヴァーダーリングの2021(馬名:フォーエバーヤング)(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

フォーエバーヤング (Forever Young) | 競走馬データ - netkeiba.com
フォーエバーヤング(ForeverYoung)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(リアルスティール)について

リアルスティールの父は鞍上武豊騎手を背にして、G17勝した名馬ディープインパクトですよね。リアルスティールの母は、ラヴズオンリーミーです。

リアルスティールの兄弟には、G14勝した実妹のラヴズオンリーユーがいます。リアルスティールは、2016年G1ドバイターフを勝利しています。また、勝利した4勝は全て1800mのレースでした。リアルスティールの母父はストームキャットで、血統の4分の3はサトノアラジンと血統構成が同じです。2022年が初年度産駒で、新潟の新馬戦を勝利した矢作厩舎のフェイトなどがおり、これからの活躍に期待ですね。

リアルスティール(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

リアルスティール (Real Steel) | 競走馬データ - netkeiba.com
リアルスティール(RealSteel)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(フォエヴァーダーリング)について

父、Congrats。母は、Darling My Darlingです。ざっくりいうと、アメリカ血統になります。

繫殖牝馬としては、2022デビューのビヌスアモリスも勝ち上がりそうなので、これまでデビューした3頭全て勝ち上がると、デビューしたお馬さん全て勝ち上がったことになりますね。堅実な成績を残しています。

フォエヴァーダーリング(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

フォエヴァーダーリング (Forever Darling) | 競走馬データ - netkeiba.com
フォエヴァーダーリング(ForeverDarling)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

リアルスティール産駒を矢作厩舎に所属ということで、POG的にも注目度は上がってくると思います。父親を管理していた調教師ならびに母親を管理した調教師に馬を預けるという事は、その馬のクセを理解していると思われるのでPOG的にも注目ですね。

距離的にはやはり日本ダービーが目標になってくると思いますし、フェイトと同じく夏の新潟くらいでデビューできれば、東スポ2歳杯が見えてきてほしいですね。

最近のクラシックを賑わす馬は東スポ杯を使ってくることが多いので、1つのターニングポイントなんだと思います。G2に昇格しましたし、POGポイント的に高いので要注目ですね。

来年まで気長に待つことにしましょう。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました