【POG 2023~2024】ブリッツフィナーレの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れがもうすぐそこまで来ているね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!

①ブリッツフィナーレの2021

父、ブリックスアンドモルタル。母は、ブリッツフィナーレです。ブリッツフィナーレの2021は、牝馬になります。ちなみに、馬名も決まっていて、ハミングといいます。

栗東の中内田厩舎に所属予定です。馬主は、石川達絵さん。

ブリッツフィナーレの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ハミング (Humming) | 競走馬データ - netkeiba.com
ハミング(Humming)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ブリックスアンドモルタル)について

父、Giant’s Causeway。母は、Beyond the Wavesです。

ブリックスアンドモルタルは競走馬の時には、アメリカのG1であるBCターフやペガサスワールドCターフ招待S(G1)などG15勝をあげた名馬です。

POG2023〜2024シーズンで初めての産駒が走りますね。ディープ系とキンカメ系の繫殖牝馬が飽和した状態で、新しい血を入れた種牡馬ですね。距離適性的にはやはり2000mくらいを意識した感じになってますね。

どんな産駒なのかは、扉を開いてみないと分かりませんが注目してみていきたいですね!

ブリックスアンドモルタル(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ブリックスアンドモルタル (Bricks and Mortar) | 競走馬データ - netkeiba.com
ブリックスアンドモルタル(BricksandMortar)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ブリッツフィナーレ)について

父、ディープインパクト。母は、ロンドンブリッジです。

ブリッツフィナーレの兄弟には、ダイワエルシエーログレーターロンドンなど重賞好走馬が多数いるファミリーですね。

仔には菊花賞馬のキセキを輩出していますね。

ブリッツフィナーレの2021は、7番仔になります。

ブリッツフィナーレ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ブリッツフィナーレ (Blitz Finale) | 競走馬データ - netkeiba.com
ブリッツフィナーレ(BlitzFinale)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

距離適性的には芝の2400mいいんじゃないかなと思ってます。

POG的には牝馬ですし、オークス狙いでの指名が面白そうな感じがしますね。母系は重賞好走馬が多数いますし、ポテンシャルは秘めていそうな感じがしますね。

ブリックスアンドモルタル産駒ということで評価は分かれそうですが、母系は日本競馬に合いそうな血が沢山あると思うので良いお馬さんになりそうな予感!?です。

デビューの時を楽しみに待ちましょう!!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました