【POG 2023~2024】マハーバーラタの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(ペーパーオーナーゲーム)2023〜2024シーズンのお薦め馬を今回は紹介します。

10月になって現2歳戦も活発になってきますね。

POG2023~2024シーズンはまだまだ先ですが紹介していきましょう。

①マハーバーラタの2021(馬名:ウィージャスト)

父、エピファネイア。母は、マハーバーラタです。マハーバーラタの2021は牝馬になります。兄弟には重賞でも好走したヒンドゥタイムズ(父:ハービンジャー)がいます。

栗東の中内田厩舎に所属予定です。馬主はウマ娘でお馴染みの藤田晋さんです。

マハーバーラタの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ウィージャスト | 競走馬データ - netkeiba.com
ウィージャスト(WeJust)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ヒンドゥタイムズ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ヒンドゥタイムズ | 競走馬データ - netkeiba.com
ヒンドゥタイムズ(HinduTimes)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(エピファネイア)について

父シンボリクリスエス。母は、シーザリオ。2代父にはスペシャルウィークにも繋がる血統ですよね。

エピファネイアが競走馬の時は、2013年のG1菊花賞と2014年のジャパンCなど重賞4勝を勝利しました。キズナとの日本ダービーは凄かったですよね。2013年の日本ダービーの時は、僕はあの時は3着のアポロソニックを買っていて馬券は馬連しか買っていなくて玉砕した思い出がありますね。

種牡馬となってからは牝馬3冠を成し遂げたデアリングタクトやクラシック2冠のエフフォーリアなど、名馬を生み出していることでもお馴染みですね。

キズナとエピファネイア、こうして日本ダービーで激闘した2頭が種牡馬で子供たちが活躍するのも感慨深いものありますね。

エピファネイア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

エピファネイアの血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com
エピファネイア(Epiphaneia)の血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

エピファネイアに関する記事

【POG】エピファネイア産駒をPOGで指名するのはギャンブルなのか?
ディープインパクト、キングカメハメハが亡き今、種牡馬も群雄割拠な時代になってきましたね!! 年が経つ毎に、種牡馬がデビューしてきてもう訳が分からないよ~!!そんな貴方に伝えたい! 今回、種牡馬エピファネイアに焦点を当ててみていきましょう!!

③母(マハーバーラタ)について

父、ディープインパクト。母は、マハーブです。

マハーバーラタが競走馬の時には、5戦1勝の成績をあげています。

繫殖牝馬となってからは、4頭がデビューしていますが地方の勝ち上がりを含めて3頭が勝ち上がっていますね。

マハーバーラタ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

マハーバーラタ | 競走馬データ - netkeiba.com
マハーバーラタ(Mahabharata)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

2000mくらいは走れそう感じの血統ですね。中内田厩舎&牝馬といえば、リバティアイランドなどがいますし、良いイメージがありますね。

エピファネイア産駒ですし、POG的にはホームラン狙いではアリなのかなと思います。やっぱり、オーナーが有名な方ですし、順調に調整が進んでほしいですね!!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました