【POG 2023~2024】ユキチャンの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新年も明けてしばらく経つけど、春の訪れがもう少しで来るね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①ユキチャンの2021

父、ヘニーヒューズ。母は、ユキチャンです。ユキチャンの2021は、牡馬になります。

美浦の宮田厩舎に所属予定です。馬主は、シルクレーシング。

ユキチャンの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

アマンテビアンコ (Amante Bianco) | 競走馬データ - netkeiba.com
アマンテビアンコ(AmanteBianco)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ヘニーヒューズ)について

父、ヘネシー。母は、Meadow Flyerです。

距離適性的にはダートの短距離~マイルでの活躍馬が多い感じですね。

活躍馬としては、2016年のフェブラリーステークスを勝利したモーニンであったり最近だとタガノビューティーといった感じでしょうか。

ちなみに、【POG 2023~2024】シーズンでは、83頭がデビュー予定です。

ヘニーヒューズ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ヘニーヒューズ (Henny Hughes) | 競走馬データ - netkeiba.com
ヘニーヒューズ(HennyHughes)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ユキチャン)について

父、クロフネ。母は、シラユキヒメです。

ユキチャンが現役競走馬の時は、地方競馬の交流重賞3勝の実績があるお馬さんです。中央競馬所属のお馬さんではあったのですが、戦績の17戦中10回は地方出走というお馬さんでもあります。中央競馬のダート重賞は数が限られていますし、南関東の競馬での賞金が高いというのもあったのだと思います。

兄弟には、G1を3勝した白毛馬のブチコがいる血統でもあります。ちなみに、ユキチャンも白毛馬です。

ユキチャンの2021は、7番仔になります。

ユキチャン(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ユキチャン (Yukichan) | 競走馬データ - netkeiba.com
ユキチャン(Yukichan)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

シラユキヒメ一族ということで、注目度は高いものになると思います。ユキチャンの2021も白毛馬ですしね。

距離適性的にはダートの1200m~1600mが良さそうな感じに思いますね。近年はダート重賞の番組も国内外問わず充実してきた感じがありますし、活躍できれば楽しみな1頭です。

POG視点だと、どうしてもゲームの性質上やはり対象番組が少なめといった感じになるので、落ち着いた人気にはなると思います。個人的には全日本2歳優駿を目指してほしいなぁ~と思います。東京のカトレア賞を勝利してというのが1番のルートではないでしょうか。

宮田厩舎はノーザン系の活躍馬を多く輩出している要注目の厩舎なので、ユキチャンの2021以外の有力馬にも目を向けてほしいところですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました