【POG 2023~2024】リラヴァティの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新年、あけましておめでとうございます!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①リラヴァティの2021

父、ロードカナロア。母は、リラヴァティです。リラヴァティの2021は、牡馬になります。

栗東の池添学厩舎に所属予定です。馬主は、キャロットファーム。

リラヴァティの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ワールズエンド (World's End) | 競走馬データ - netkeiba.com
ワールズエンド(World'sEnd)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ロードカナロア)について

父、キングカメハメハ。母は、レディブラッサムです。

ロードカナロアが現役競走馬の時には、香港スプリント2連覇などG16勝した名馬。

子供達にはアーモンドアイやステルヴィオなどいますね。最近ではドバイターフを勝利したパンサラッサもロードカナロア産駒ですよね。

面白いのは総賞金ランキングトップ20でロードカナロア産駒の競走馬、8頭が栗東所属の安田隆行厩舎なんだね。POG視点だけど、安田隆行厩舎所属のロードカナロア産駒は注目してしまいますよね。

ロードカナロア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ロードカナロア (Lord Kanaloa) | 競走馬データ - netkeiba.com
ロードカナロア(LordKanaloa)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ロードカナロア(記事)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

【POG】ロードカナロア産駒~活躍馬に法則なんてあるのかな!?~
「【POG】ロードカナロア産駒~活躍馬に法則なんてあるのかな!?~」、ロードカナロア産駒について調査してみました。簡単な個人的見解と今後のPOGや馬券購入にお役に立てるかもしれない情報も掲載しているかもしれません。良かったら覗いてまし~。

③母(リラヴァティ)について

父、ゼンノロブロイ。母は、シンハリーズです。

POGをしているからすると母、シンハリーズはお馴染みかもしれませんね。シンハライトなどの活躍馬を輩出したお母さんです。

リラヴァティが現役競走馬の時は、2016年のマーメイドSを勝利するなど重賞戦線でも活躍していた実力馬ですね。

仔は、モーリス産駒のストゥーティがチューリップ賞3着の実績を残していますね。リラヴァティの2021は、5番仔になります。ちなみに、次の仔はレイデオロ産駒だよ。

リラヴァティ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

リラヴァティ (Lilavati) | 競走馬データ - netkeiba.com
リラヴァティ(Lilavati)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

距離適性的には芝の2000mくらいが良さそうな感じに思いますね。

POG的にはシンハリーズに繋がる血統ということで、注目度は高いのかなぁ~と思います。それに、ノーザンファーム生産馬ですし人気は高いでしょう。

池添学厩舎といえば、ドゥラエレーデでホープフルSを初G1勝利をして勢いもありますし、走ってくるのではないでしょうか。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました