【POG 2023~2024】レッドディオーサの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新春競馬も始まって、今年も競馬が始まるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①レッドディオーサの2021

父、リアルスティール。母は、レッドディオーサです。レッドディオーサの2021は、牡馬になります。

栗東の庄野靖志厩舎に所属予定です。馬主は、東京ホースレーシング。

レッドディオーサの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

レッドリベルタ (Red Liberta) | 競走馬データ - netkeiba.com
レッドリベルタ(RedLiberta)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(リアルスティール)について

リアルスティールの父は鞍上武豊騎手を背にして、G17勝した名馬ディープインパクトですよね。リアルスティールの母は、ラヴズオンリーミーです。

リアルスティールの兄弟には、G14勝した実妹のラヴズオンリーユーがいます。リアルスティールは、2016年G1ドバイターフを勝利しています。また、勝利した4勝は全て1800mのレースでした。リアルスティールの母父はストームキャットで、血統の4分の3はサトノアラジンと血統構成が同じです。2022年が初年度産駒で、新潟の新馬戦を勝利した矢作厩舎のフェイトなどがおり、これからの活躍に期待ですね。

リアルスティール(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

リアルスティール (Real Steel) | 競走馬データ - netkeiba.com
リアルスティール(RealSteel)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(レッドディオーサ)について

父、キングカメハメハ。母は、ブレンダです。

レッドディオーサが現役競走馬の時は、ダートの1800mで3勝をあげ16戦3勝の成績で繫殖牝馬となっています。

レッドディオーサの2021は、初仔になります。

レッドディオーサ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

レッドディオーサ (Red Diosa) | 競走馬データ - netkeiba.com
レッドディオーサ(RedDiosa)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

適性は芝・ダート兼用タイプかなぁ~と思います。距離は2000mぐらいが良さそうかと。

POG的には初年度、リアルスティール産駒が伸び悩んでいる気もするので評価は分かれそうかなと思います。母系は若干ダート寄りで、種牡馬のリアルスティールもパワータイプなのでかなりの確率でダートデビューがありそうな感じがします。(言い訳:ダートのデビューが悪いと言いたいわけではない。)

庄野厩舎はレッドアンシェルなど東京ホースレーシングでの結果も残せているので、一口馬主目線的には面白い1頭だと思います。(1口馬主をやったことのない)お前が言うか!と言われそうですが。

楽しみですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました