【POG 2023~2024】レーヴドリーブの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

新春競馬も始まって、今年も競馬が始まるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①レーヴドリーブの2021

父、ドレフォン。母は、レーヴドリーブです。レーヴドリーブの2021は、牝馬になります。

栗東の矢作厩舎に所属予定です。馬主はシルクレーシング。

レーヴドリーブの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

レーヴドレフォン (Reve Drefong) | 競走馬データ - netkeiba.com
レーヴドレフォン(ReveDrefong)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ドレフォン)について

父はGio Ponti。母、Eltimaasです。

種牡馬としてのドレフォンは、2022年の皐月賞馬ジオクリフやNHKマイルカップ3着と好走したカワキタレブリーなどを輩出しています。

ダート色がどちらかといえば強いと言われていましたが、初年度産駒からクラシックを賑わしてくれた馬を輩出していますし、これからの活躍にも期待できるのではないでしょうか。

ドレフォン(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ドレフォン (Drefong) | 競走馬データ - netkeiba.com
ドレフォン(Drefong)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(レーヴドリーブ)について

父、オルフェーヴル。母は、レーヴドスカーです。

レーヴドスカーといえば、重賞活躍馬を多く輩出していることでも有名です。POGをしている長年やっている人からすると、一度は聞いたことのある繁殖牝馬ではないでしょうか。

レーヴドリーブが現役競走馬の時は、芝の1800mを中心に活躍し9戦2勝の成績で競走馬生活を終えて繫殖牝馬となっています。期待度の高さから全9戦で4番人気以内でした。

レーヴドリーブの2021は、初仔になります。

レーヴドリーブ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

レーヴドリーブ (Reve d'Olive) | 競走馬データ - netkeiba.com
レーヴドリーブ(Reved'Olive)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

適性は芝のマイルくらいが良さそうなタイプではないでしょうか。

POG的には矢作厩舎は活躍馬を多く輩出しているイメージがありますよね。桜花賞など牝馬クラシック戦での活躍が期待される現3歳のラヴェル(父:キタサンブラック)も矢作厩舎です。

母系は超良血といってもいいくらいポテンシャルは秘めているので、POGでも人気になることは大方間違いないと思います。懸念点としては、気性の荒さがレースに影響しないことを祈るばかりです。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました