【POG 2023~2024】ロベルタの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れがもうすぐそこまで来ているね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!

①ロベルタの2021

父、ドゥラメンテ。母は、ロベルタです。ロベルタの2021は、牡馬になります。ちなみに、馬名も決まっていて、リンドバーグです。

栗東の寺島厩舎に所属予定です。馬主は、近藤英子さん。

ロベルタの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

リンドバーグ | 競走馬データ - netkeiba.com
リンドバーグ(Lindbergh)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ドゥラメンテ)について

父が、キングカメハメハ。母は、アドマイヤグルーヴです。言わずもがな、母アドマイヤグルーヴのお母さんは、名牝エアグルーヴにも繋がっている血統ですね。競馬を少し知っている人なら、日本競馬の結晶ともいえるでしょう!

恐らく、ドゥラメンテが亡くなったのもあり、これが最後の産駒になる年だったと思います。

2016年の宝塚記念を最後に怪我が原因で、引退したドゥラメンテ。

それがなかったら、凱旋門賞とかBCとか世界的な名レースに出走していたのかなぁとも思います。

残念な結果にはなりましたが、2022年の凱旋門賞には子供のタイトルホルダーが出走しました。

ドゥラメンテ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ドゥラメンテ (Duramente) | 競走馬データ - netkeiba.com
ドゥラメンテ(Duramente)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ロベルタ)について

父、ブライアンズタイム。母は、グレースアドマイヤです。

ロベルタが現役競走馬の時は、12戦3勝の成績で後に繁殖牝馬となっています。芝の1800m、2000m、2200mそれぞれ勝鞍がありますね。

近親にはリンカーンや皐月賞馬のヴィクトリーがいる血統ですね。

ロベルタの2021は、8番仔になります。

ロベルタ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ロベルタ | 競走馬データ - netkeiba.com
ロベルタ(Roberta)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

芝の2000mぐらいが良さそうな感じがしますね。ロベルタはグレースアドマイヤに繋がる血統ですが、最近の仔が中々活躍できていない点は、気がかりですね。

POG的には有名なグレースアドマイヤ一族なだけに、注目度は高いと思います。個人的にもPOGでアドミラブルなどで大変お世話になった一族なので、またG1でも活躍してほしいですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました