【POG 2023~2024】ワッツダチャンセズの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

春の訪れが来て、暖かい日が来てるね!

つい先日まで紹介していた馬たちも、とうとう2歳馬になったよ!

引き続き、注目馬について取り上げていきたいと思います!!

①ワッツダチャンセズの2021

父、ロードカナロア。母は、ワッツダチャンセズです。ワッツダチャンセズの2021は、牡馬になります。ちなみに馬名も決まっていて、ダイアトリームです。

美浦の堀厩舎に所属予定です。馬主は、G1レーシング。

ワッツダチャンセズの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ダイアトリーム (Diatreme) | 競走馬データ - netkeiba
ダイアトリーム(Diatreme)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ロードカナロア)について

父、キングカメハメハ。母は、レディブラッサムです。

ロードカナロアが現役競走馬の時には、香港スプリント2連覇などG16勝した名馬。

子供達にはアーモンドアイやステルヴィオなどいますね。最近ではドバイターフを勝利したパンサラッサもロードカナロア産駒ですよね。

面白いのは総賞金ランキングトップ20でロードカナロア産駒の競走馬、8頭が栗東所属の安田隆行厩舎なんだね。POG視点だけど、安田隆行厩舎所属のロードカナロア産駒は注目してしまいますよね。

ロードカナロア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください

ロードカナロア (Lord Kanaloa) | 競走馬データ - netkeiba.com
ロードカナロア(LordKanaloa)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ワッツダチャンセズ)について

父、Diamond Green。母は、High Financeです。

ざっくりいうと、アイルランド産馬ですね。

ワッツダチャンセズが現役競走馬の時は、ビヴァリーディーS(G1)というレースなどを勝利している実力馬だったようです。

ワッツダチャンセズの2021は、4番仔になりますね。

ワッツダチャンセズ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ワッツダチャンセズ (Watsdachances) | 競走馬データ - netkeiba
ワッツダチャンセズ(Watsdachances)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

この血統で初めてのロードカナロア産駒です。これまでは一貫してディープインパクトをつけていました。追分ファームの期待度の表れなのかなと思います。

距離適性は芝の1600m~2000mぐらいが良さそうな感じがしますね。美浦の堀厩舎に所属予定ということで、兄弟を管理していたこともあるのでこの馬に合った調整をしてくれるのではないかと思います。

爆発力に期待したいですね!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました