【POG 2023~2024】ヴゼットジョリーの2021 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

POG(2022~2023)シーズンも始まって、2カ月も経たないうちに2歳G1もやってくるねぇ~

まだ、早いよ~と言われるかもしれませんが、POG(2023~2024)シーズンの注目馬を紹介していきたいと思います。

気軽な感じでお付き合いして頂けたらと。最後まで観てね~。

①ヴゼットジョリーの2021

父、ブリックスアンドモルタル。母は、ヴゼットジョリーです。ヴゼットジョリーの2021は、牡馬になりますね。

栗東の安田隆行厩舎に所属予定ですね。馬主は東京ホースレーシング。

ヴゼットジョリーの2021(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ヴゼットジョリーの2021 | 競走馬データ - netkeiba.com
ヴゼットジョリーの2021の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ブリックスアンドモルタル)について

父、Giant’s Causeway。母は、Beyond the Wavesです。

ブリックスアンドモルタルは競走馬の時には、アメリカのG1であるBCターフやペガサスワールドCターフ招待S(G1)などG15勝をあげた名馬です。

POG2023〜2024シーズンで初めての産駒が走りますね。ディープ系とキンカメ系の繫殖牝馬が飽和した状態で、新しい血を入れた種牡馬ですね。距離適性的にはやはり2000mくらいを意識した感じになってますね。

どんな産駒なのかは、扉を開いてみないと分かりませんが注目してみていきたいですね!!

ブリックスアンドモルタル(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ブリックスアンドモルタル | 競走馬データ – netkeiba.com
ブリックスアンドモルタル(Bricks and Mortar)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(ヴゼットジョリー)について

父、ローエングリン。母はフレンチビキニです。

ヴゼットジョリーが現役競走馬の時には、2016年の新潟2歳Sを勝利したお馬さんでもあります。競走馬成績としては、14戦3勝の成績で後に繁殖牝馬となりました。主に芝の1400m~1800mを走っていた感じですね。

ヴゼットジョリーの2021は2番仔になります。

ヴゼットジョリー(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ヴゼットジョリー | 競走馬データ - netkeiba.com
ヴゼットジョリー(VousEtesJolie)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

距離適性的には、芝の1600mくらいでしょうか。2000mも守備範囲かなという気もします。2400とかになってくると、母系が短距離傾向が強いのでどうかなという気もします。(フタをあけてみないと分かりませんが・・・)快速馬の可能性も無きにしもあらずという感じもします。

POG的には快速馬ならやはり夏の函館や小倉デビューで短距離でガシガシ稼いでくれそうなのもありかなと。個人的には安田隆行厩舎のイメージとして1200m~1600mというのがあるので、こんな感じで書かせてもらいました。この仔がどんなレースをしてくれるか楽しみです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました