【POG 2024~2025】コーステッドの2022 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

読者の皆様、お疲れ様です。かずです!

今回は、POG(2024~2025)シーズンでのオススメ馬について、書いていきます!

良かったら最後まで覗いてまし~。

①コーステッドの2022

父、キズナ。母は、コーステッドです。コーステッドの2022は、4番仔で牝馬になります。

栗東の福永祐一厩舎に所属予定です。馬主は、サンデーレーシング。

コーステッドの2022(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

コーステッドの2022 | 競走馬データ - netkeiba.com
コーステッドの2022の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(キズナ)について

父はディープインパクト。母は、キャットクイルです。

母方のキャットクイルには、G13勝をあげたファレノプシスがいる血統になります。キャットクイルのお姉さんには、パシフィカスというお馬さんがいます。パシフィカス自身は、ビワハヤビデやナリタブライアンといった名馬を輩出しています。その他には、重賞を輩出している血統でもあります。

キズナは、2013年の日本ダービーを勝利しました。3歳時には凱旋門賞4着といった結果を出しましたが、晩年は怪我に苦しんでいたなぁという気がしています。種牡馬となって、2022年の凱旋門賞に出走予定のディープボンドや安田記念を勝利したソングラインなどがいますね。

キズナ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

キズナ (Kizuna) | 競走馬データ - netkeiba.com
キズナ(Kizuna)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(コーステッド)について

父、Tizway。母は、Malibu Pierです。ざっくりいうと、アメリカ血統ですね。

初仔には2022年春のクラシックを賑わしたダノンベルーガを出産しているだけに、これからの活躍が期待される繁殖牝馬の1頭です。また、ボンドガールも新馬戦で強い勝ち方をしているので、このお母さんは要注目~!!

コーステッド(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

コーステッド (Coasted) | 競走馬データ - netkeiba.com
コーステッド(Coasted)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

これは所属予定の厩舎もさることながら、血統的にも注目度は半端ないと思う。

キズナ産駒ということで距離はあった方が良さそうな感じがします。府中の芝2400mでの走りがみたくなる。POG的にも人気は避けられないかなと。ただ、キズナ産駒はPOG期間中に走っているイメージがあまりないのは気になるけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました