【POG 2024~2025】チェッキーノの2022 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

読者の皆様、お疲れ様です。かずです!

今回は、POG(2024~2025)シーズンでのオススメ馬について、書いていきます!

良かったら最後まで覗いてまし~。

①チェッキーノの2022

父、ブリックスアンドモルタル。母は、チェッキーノです。チェッキーノの2022は、牡馬になります。

美浦の国枝厩舎に所属予定です。馬主は、サンデーレーシング。

チェッキーノの2022(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

チェッキーノの2022 | 競走馬データ - netkeiba.com
チェッキーノの2022の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ブリックスアンドモルタル)について

父、Giant’s Causeway。母は、Beyond the Wavesです。

ブリックスアンドモルタルは競走馬の時には、アメリカのG1であるBCターフやペガサスワールドCターフ招待S(G1)などG15勝をあげた名馬です。

POG2024〜2025シーズンで産駒としては2年目になりますね。ディープ系とキンカメ系の繫殖牝馬が飽和した状態で、新しい血を入れた種牡馬ですね。距離適性的にはやはり2000mくらいを意識した感じになってますね。

どんな産駒なのかは、扉を開いてみないと分かりませんが注目してみていきたいですね!

ブリックスアンドモルタル(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ブリックスアンドモルタル (Bricks and Mortar) | 競走馬データ - netkeiba.com
ブリックスアンドモルタル(BricksandMortar)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(チェッキーノ)について

父は、キングカメハメハ。母はハッピーパスですね。兄弟にはコディーノなど活躍馬が母系です。

チェッキーノ自身も競争馬の時には、フローラSを勝利しオークス2着と結果を残しています。

仔ではノッキングポイントが新潟記念を勝利して、今後の活躍に期待ですね!また、チェッキーノの2022は3番目の仔になります。

チェッキーノ(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

チェッキーノ (Cecchino) | 競走馬データ - netkeiba.com
チェッキーノ(Cecchino)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

ハービンジャー産駒のチェルヴィニアも未勝利を強い勝ち方をして、POGでも目を離せない血統になってきたかなと思います。この仔はブリックスアンドモルタル産駒ということで、評価が分かれそうな感じです。POG的にはアベレージも悪くなさそうなので、堅実にポイントを稼いでくれそうな感じがします。

来年のデビューが楽しみですね!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました