【POG 2024~2025】デグラーティアの2022 簡単な血統紹介&個人的見解

POG

読者の皆様、お疲れ様です。かずです!

今回は、POG(2024~2025)シーズンでのオススメ馬について、書いていきます!

良かったら最後まで覗いてまし~。

①デグラーティアの2022

父、ビッグアーサー。母は、デグラーティアです。デグラーティアの2022は、10番仔で牝馬になります。

栗東の宮本厩舎に所属予定です。馬主は、グリーンファーム。

デグラーティアの2022(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

デグラーティアの2022 | 競走馬データ - netkeiba.com
デグラーティアの2022の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

②父(ビッグアーサー)について

父、サクラバクシンオー。母は、シヤボナです。

ビッグアーサーが現役競走馬の時は、2016年の高松宮記念(G1)を始め重賞2勝の成績をあげ15戦8勝の成績を残しています。その後、種牡馬となっております。

種牡馬となってから、これからのスプリント戦線での活躍が期待されるトウシンマカオなどを輩出しています。

ビッグアーサー(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

ビッグアーサー (Big Arthur) | 競走馬データ - netkeiba.com
ビッグアーサー(BigArthur)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

③母(デグラーティア)について

父、フジキセキ。母は、デフィニットです。

デグラーティアが現役競走馬のときは、小倉2歳Sを勝利した実力馬でもあります。桜花賞(9着)の後に、長期離脱して復帰して当時の3勝クラスを勝ちあがって北九州記念では1番人気にも推された馬。ケガさえなければ、もっとスプリント路線で出世していただろうなぁ~と思わせる馬でしたね!9戦4勝の成績で後に繫殖牝馬となっています。

仔では今年の2歳でバスターコールが勝ちあがって、これからの活躍に期待ですね!

デグラーティア(netkeiba)←詳しくをこちらご覧になってみてください。

デグラーティア (De Gratia) | 競走馬データ - netkeiba.com
デグラーティア(DeGratia)の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

④個人的見解

ビッグアーサー産駒ということで、距離適性は言わずもがな1200mぐらいが良さそうな感じがしますね。芝・ダート両方走れそうな感じがありますね。

POG的には早期デビューが叶えば、スプリント路線は3歳春まで一昔と比較しても充実しているので、指名するには面白い1頭だと思います。栗東の宮本厩舎は母のデグラーティアを管理していた厩舎でもあるので、この血統に合った調整をしてくれるのではないかと。

今から、来年のPOGの話かよ!とツッコまれそうですが、これからもお伝えしていきたいと思います!それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました